青葉台,歯科,歯医者,青葉台駅,矯正歯科,インプラント,審美歯科,ホワイトニング,顎関節症,費用,料金

ほりぐち歯科医院

東急スクエアSouth2 7階

TEL:045-985-8107

〒227-0062 神奈川県 横浜市 青葉区 青葉台1-7-1
東急スクエアSouth2 7F

一般歯科治療

歯周病

しっかりかめる丈夫な歯であるために、歯ぐきの健康が重要です。
歯を失う最大の原因はむし歯ではなく、歯ぐきの炎症から進行した歯周病なのです。
歯年代別に歯を失う原因を調べた結果、歯周病で歯を失う割合は30代から急激に増え始め、中高年では歯をなくす原因の半分が歯周病です。
子どもの場合は、歯周病はほとんどありませんが、小さいうちから歯肉が不健康だと、歯なし予備軍になってしまいます。
歯周病は生活習慣病の一つであり、糖尿病や肺炎と因果関係も明らかになっています。
自然に治ることはなく、ほっておくと症状はどんどん進行します。早期の予防、治療が望ましいでしょう。

歯ぎしり

歯の寿命を縮める原因は色々ありますが、意外と本人が気付いていないのが「歯軋り(はぎしり)」「食い縛り(くいしばり)」なのです。
もしかしたら、いわゆる「歯ぎしり」もしくは歯ぎしりの一種で、音のしない「くいしばり」を、しているかも知れません。現在認められる、虫歯や歯周病を含めた口の中の症状や、全身の状態に少なからず影響を与えているかも知れませんので、少しでもその症状を緩和し健康を維持する事ができればと思います。
心当たりがあれば、どうか実行してみてください。必ず良い結果が得られるはずです。「歯ぎしり」「くいしばり」は決して異常なものではありません。96%もの人がしているという報告もあります。一種の「くせ」と考えても良いと思われます。

ですから、特に問題を起こさない限り、放置しても構わないのですが、時には次のような問題を起こすと言われています。

1. 歯への障害
歯の磨耗、歯の破折、歯がしみる、噛むと痛む、等
2. 歯周組織への障害
歯肉炎、歯周疾患(歯周病=歯槽膿漏)を進めさせる
3. 顎関節への障害
顎関節痛、開口障害、顎関節からの異音(ゴリゴリ音)
4. 全身への障害
顔面痛、頭痛、肩こり、腕のしびれ、イライラ、腰痛
5. その他
舌痛症、ムチウチ症状、倦怠感

これらの症状がすべて、「歯ぎしり」「くいしばり」からくるわけではありませんが、無用な悪い「くせ」は無くしておく方が、良いと思います。この「くせ」は眠っている時とか、何かに夢中になっている時とかに出てくるものなので、自分ではなかなか気付きにくいものです。
治すためのマウスピース(健康保険が使えます)を使う方法もありますが、道具に頼るといつまでもそれを使わなければならないし、使わなければまた元に戻ってしまいます。道具に頼らずに、「歯ぎしり」「くいしばり」をやめられれば、それが一番よいわけです。あなたが、本気になって治す気になれば意外と簡単に治っていくものです。

フッ素塗布

お子様のはえたての歯はむし歯に対して敏感です。
そこで歯の質を高め、むし歯に対して抵抗力を持たせためにフッ素を作用させます。
フッ素は歯の表面のエナメル質に作用し、質を高める働きがあります。
定期的にフッ素を作用させることにより、虫歯になりにくい、強い歯になります。
当院では4ヶ月毎、年3回定期的な管理を行っております。
フッ素塗布と同時に歯磨き指導、お口の検診も行います。

フッ素塗布 1,500円~

※消費税が別途かかります

スポーツマウスガード

スポーツによって生じる歯の破折やその周囲組織のけがを予防したり、けがによるダメージを軽くしたりする目的で、口の中に装着する保護装置です。やわらない樹脂でできていて、通常、上顎につけます。

仕様効果

1. 歯の破折や周囲組織の外傷の予防・軽減
2. 顎骨および顎関節の障害防止
3. 頭頸部外傷の防止
4. 脳震盪の予防・軽減
5. 心理的効果および運動能力の向上

マウスガードを使用することによって、スポーツ中の歯の破折や口のけがの予防やその程度の軽減が期待できます。とくに格闘技(ボクシング、キックボクシング、空手など)やコンタクトスポーツ(アメリカンフットボールなど)の協議を行う際には、マウスガードの装着が義務づけられています。さらに、マウスガードを使用することは、外力から自分自身の歯や口腔軟組織、顎を守るためばかりでなく、歯によって相手を傷つけることを防ぐという重要な役割もあります。
コンタクトスポーツを行う際には、時として自分の歯自体が凶器となりうる場合もあります。そうした歯をマウスガードで包み込み、協議相手に障害を与えないように配所することも、スポーツマンにとっては重要なことなのです。

スポーツ用品店などで扱っている市販のものもあります。市販のものは、自分で形を調整して使うため、うまく合わせられず、装着感が良くない、口を開けるとずれる、呼吸しにくいなどの問題を起こすことがあります。
これに対し、歯科医院で作るスポーツマウスガードは、型をとって、一人ひとりの口にぴったり合うように作るので、装着感もよく、衝撃も十分に吸収でき、効果の高いスポーツマウスガードを作ることができます。

ページトップへ

ほりぐち歯科医院

〒227-0062
神奈川県 横浜市 青葉区 青葉台1-7-1
東急スクエアSouth2 7F

お気軽にお問い合わせ下さい:045-985-8107

診療時間 日曜・祝祭日
午前 10:00~13:00 × ×
午後 14:30~19:30 × ×

休診日:日曜・祝祭日・木曜

東急スクエアSouth2 7階

Copyright© ほりぐち歯科医院 All Rights Reserved.